staff

KAZU
ニューヨークに渡米。SOHO地区にあるサロンで働き、特に日本人の感性には無かったカラーの技術に惚れ込み、帰国後Algonquinをオープン。
salonでは【ムラ染め】としてニューヨークで学んだカラーの技術を提案。

 

 

 

KIYO (メイクアップアーティスト)
ニューヨークに渡米。語学学校に通いながらビューティー全般を勉強。帰国後、Algonquinではメイクを担当。

 

 

 

KAWAHARA (Jr スタイリスト)
山野美容芸術短期大学を卒業後、都内1店舗を経てAlgonquinに入社。カラーの技術が好きで自分のスタイルを追求すべく精進中。

 

 

 

 SAKAGUTHI   (アイリスト)
宮崎出身。福岡美容専門学校卒業後、東京へ。
マツ毛エクステ専門店で働きながらAlgonquinに所属。
dscf6563

 

 

 

★リニューアル後、
サロンイメージは1960年代。
ニューヨークマンハッタンにあった、アンディー・ウォーホルのアトリエ。
【THE FACTORY】
★ここAlgonquinでアートを通じながら、自由な発想でヘアデザインを発信したいという思いの空間。
★シャンプーブースからの景色からは「シャワールーム」を想わせるような雰囲気でデザインさせて頂きました。
 ★第一に、お客様にとって居心地が良い空間。そして
“時代に先駆けて新しいものを生み出し発信していくセンセーショナルな空間”
を目指しております。
img_5219
【完全予約制サロン】
日々、騒がしい東京。いき急ぐ時間の中で、ALGONQUINは特別な空間。
お客様だけの大切なお時間をおくつろぎください。

 

 

 

「店名”Algonquin”の由来」
★ニューヨークの先住民族インディアンのAlgonquin族から。
★Algonquin族とはニューヨークに一番長く暮らしていた種族。
★その意味合いも兼ねて”お客様と末長く付合っていける美容室”でありたいという思いから
“THE ALGONQUIN TOKYO”といたしました。